野良犬雑想記

<< 汎用前衛雑考 その1.01 | main | あの日の僕よ、君は何になりたかったのか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
汎用前衛雑考 その2
■汎用前衛カテゴリ【青魔道士】
 
魔道士ではあるが高い片手剣スキルを持ち、接敵しての行動が主な為、前衛としか言えない
だか行動可能な選択肢は幅広く、魔道士の名に偽りはない。

『アトルガンの秘宝』より追加された新ジョブなのだが、私見で言えば妙に完成度が高い
導入以来極端な修正はされていないトコを見てもさほど間違った意見ではなさそう。

その青魔道士が使う青魔法だが、内容は実に多彩であると同時にクセが強い
物理・魔法属性に分かれるだけでなく、威力参照ステータスが攻撃力だったり防御力だったりと
様々な特性を把握した上で出撃の目的に応じてスタイルを大幅に変える必要があるのだが
その手間がかかるだけにBCや大物相手の戦闘にはそれだけの性能を発揮する
 
が、しかし ことレベリングにおいては中の人の腕前に強さが左右されすぎる上に
導入当初、1部の人が『俺ww様wwww最強wwwっうぇww』な態度で印象を貶めたせいもあり
あまり人気の高いジョブとは言えないのが実情。
(もう1つ理由に強いと言えどMPが源泉、というのもある 要は黒不人気と同じ理屈)

これは私的な意見だが、青魔道士はブルーチェーン>ブルーバーストにより
威力はともあれ自分1人で連携・MBが行えるという稀有な性能を持っている。
やってる本人はきっと楽しいのだろう が、PTでその光景を眺めていると
『はて、PTを組む意義は?』という疑問が湧く時が多い。(上手な人はちゃんとPTに絡む)
色々な事が出来るという性能を自己完結にばかり向けてしまうのはどうなのか?という話。

尤も、設定上からして個の戦闘能力を偏重している職であるようなので
PTにおける立ち回りをあーだこうだ言うのがお門違いなのかもですな。


■前衛カテゴリ(盾を除く)総括

総じて眺めてみると前衛に『〇▲はとりあえず確保だな!』とか言えてしまうような 
安パイなジョブは存在しないように思う。
(そのうち追記します)
 
| Cerberus'@犬 | ジョブ雑考 | 19:49 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:49 | - | - | pookmark |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE